メニュー

神経内科

当科の特徴

特徴

神経内科は、内科の一部門で、脳・脊髄・末梢神経・筋肉に起こる病気の診断、内科的治療を行う診療科です。

当科で診断治療する主な病気

脳血管障害 脳梗塞、脳出血など 神経変性疾患 アルツハイマー病、パーキンソン病、脊椎小脳変性症、痙性対麻痺、筋萎縮性側索硬化症 など 免疫性神経疾患 多発性硬化症、ギランバレー症候群、多発性筋炎、重症筋無力症 炎症性疾患 髄膜炎、脳炎 脊髄疾患 脊髄炎、脊髄血管疾患 末梢神経障害 糖尿病性末梢神経障害、アルコール性末梢神経障害、中毒性末梢神経障害、多発神経炎 筋疾患 筋ジストロフィー症、周期性四肢麻痺 その他 振戦、てんかん、顔面けいれん、眼瞼けいれん、顔面神経麻痺、代謝性脳症、中毒性脳症、ジストニー・ミオクローヌスなどの不随意運動、代謝・内分泌疾患、膠原病などの全身内科的疾患の合併症としての神経障害

以下のような症状がある場合に、一度受診してみて下さい。

○足の動きが悪い、力が入らない、手足がやせてきた ○足、口などが意思とは関係なく動く、震える ○ふらつく、足が突っ張り歩きにくい、よく転倒する ○物が二重に見える、まぶたが重い ○物忘れがひどい、計算ができない、字が読めない、字が書けない ○呂律がまわらない、飲み込む時にむせる ○意識がなくなる、けいれんを起こす

神経内科 担当医師紹介

医師名 経歴・所属学会・資格等 稲田 秀俊 いなだ ひでとし (医長・健康管理室長) 山梨医科大学卒 日本脳神経学会専門医・指導医 日本内科学会認定医 日本リハビリテーション学会認定臨床医 新藤 和雅 しんどう かずまさ (非常勤医師) 山梨大学医学部神経内科准教授 佐竹 紅音 さたけ あかね (非常勤医師) 山梨大学
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME