泌尿器科

当科の特徴

 ✓ 診療のご案内

泌尿器科は、副腎・腎・尿管・膀胱・前立腺(男性のみ)・尿道と男性性器の外科的疾患を治療する診療科です。これら臓器の感染症・奇形・結石・腫瘍などを薬物や手術により治癒させることを主な仕事としています。

当科では腎不全に陥った腎臓の代わりをする透析治療も行っています。その他、血液浄化法と言われる血漿交換、血液直接吸着、エンドキシン吸着なども全て行っています。

近年は前立腺癌の早期発見の為、PSA(前立腺特異抗原)血液検査を実施しています。男性で気になる泌尿器科的症状(尿もれや、尿がでにくい等)ある方はお気軽にご相談下さい。

また、脳梗塞・脳出血・脊椎損傷などの後遺症の一つとしてあらわれる排尿障害は、主に神経因性膀胱によりますが、この治療や中年以降の女性に多い尿失禁の保存的あるいは外科的治療も行っております。一度当科にご相談ください。

 ✓血液浄化室

新築移転に合わせ、透析室から血液浄化室に名称を改めました。今後もより良い医療サービスの提供に努めてまいりたいと思っています。

平成23年12月より峡東地区に限り送迎サービスを開始し、連日二部制で対応しています。また、総合病院ということもあり、透析患者様が、他の疾患の治療を当院で受けながら、透析治療を継続する事も可能になっています。そして観光にも力を入れている山梨の土地柄から、旅行の為の短期治療にも対応しています。当院での透析を希望される方は、血液浄化室にご連絡ください。

【治療時間】

一部 二部
月・水・金曜日 8:30~13:00 13:30~18:00
火・木・土曜日 8:30~13:00 13:30~18:00

※ 送迎については、一度ご相談ください
ただし、乗り合いになりますので、ご了承ください

泌尿器科 担当医師紹介
医師名 経歴・所属学会・資格等
坂本 文和さかもと ふみかず
(医長)
秋田大学卒
日本透析医学会指導医・認定医
いのうえ ちひろ
井上 千尋
(非常勤医師)
山梨大学医学部泌尿器科 助教
髙橋 宣弘たかはし のぶひろ
(非常勤医師)
山梨大学医学部泌尿器科 助教