手術室紹介

手術室は消化器外科、整形外科、泌尿器科、形成外科、眼科の手術を行っています。
眼科については、平成30年2月から白内障手術を再開しました。
消化器外科では、低侵襲で創が小さく、術後回復が早い利点があるエマロ(空気圧駆動型手術支援ロボット)を使用した腹腔鏡下手術が増えています。
整形外科では高齢者に多い大腿骨骨折、変形性膝関節症や変形性股関節症、そして中高年に多い脊柱管狭窄症など、腰椎の疾患が増加しています。
その他、ペースメーカー植込み、PTA(経皮的血管形成術)、精神科のm‐ECT(修正型電気けいれん療法)にも対応しています。
オンコール体制で、休日、夜間の緊急手術にも対応しています。