内視鏡室のご案内

内視鏡室では消化器では上部内視鏡(胃カメラ)、下部内視鏡(大腸カメラ)、呼吸器では気管支鏡検査を行っています。

消化器の上部内視鏡は経口検査、経鼻検査があります。
経口検査は口からスコープを挿入して行う検査で、スコープの口径が約9mmです。従来から行われていた方法です。
経鼻検査は鼻からスコープを挿入して行う検査で、スコープの口径が4~5mmです。
内視鏡の口腔を通過する際に嘔吐反射が強く苦痛があり検査を苦手としていた方も侵襲が少なく検査を受けられます。
患者さんは経口内視鏡か経鼻内視鏡かどちらかを選ぶ事が出来ます。選択に迷う場合は担当医に相談してください。患者さんの症状や希望を聞きながら選択出来ます。
下部内視鏡も近年、大腸癌の増加に伴い症例件数が増えてきています。
ポリープの切除なども行っていますので担当医とご相談してください。