薬剤課のご案内

はじめに

当院で採用している医薬品は内服・外用・注射薬等あわせて1000品目以上にのぼります。

薬学的視点を主軸とし、科学的根拠や臨床推論に基づく適切な処方・注射調剤・監査および疑義照会また一般注射薬や抗がん薬の調製、品質管理も含め,病院内で使われる薬剤はすべて薬剤師がかかわり、最新の医療情報を駆使し、医薬品の適正使用を推進しております。少数精鋭ではありますが、日々患者さまに安全・安心をおとどけしております。

薬剤課長 伊藤 貴史/薬剤課 局員一同

業務内容

  • 病棟担当薬剤師制による薬剤管理指導
  • 感染制御・糖尿病・がん医療および安全管理等に
    かかわるチーム医療への参画
  • がん化学・内分泌療法にかかわる委員会事務局
  • 最新の医療情報に基づく医薬品の適正使用の推進
  • 薬物血中濃度による薬物動態学/薬力学的解析
  • 院内製剤に関する協議・調製等
  • 医薬品在庫管理システムの構築、医薬品管理・発注・納品等
  • 薬事全般にかかわる審議会事務局
  • 後発医薬品の促進・選定にかかわる事務局

一般社団法人薬学教育協議会病院・薬局実務実習関東地区調整機構
認定受入施設

当院は薬科大学・薬学部5年生の臨床実習を積極的に受け入れています.
(その他,学部・大学院卒後の研修も受け入れます)

スタッフ(平成31年3月現在)

薬剤師7名
(うち,CDEJ1名,CDE-Yamanashi1名,がん薬物療法認定薬剤師1名)
薬剤事務2名

所属学会・団体

  • 日本病院薬剤師会
  • 日本医療薬学会
  • 日本化学療法学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本臨床腫瘍学会
  • 日本くすりと糖尿病学会
  • 日本臨床腫瘍薬学会