臨床検査課のご案内

業務内容

血液や尿で糖尿病・貧血・肝臓の働き・腎臓の働き等を調べたり、心電図で心臓の動き・腹部の超音波検査で胆石や肝臓などにしこりがないか等を検査します。迅速・精密・正確な検査結果の提供を日々心がけています。

検体採取

臨床検査技師は検査のために採血が許されている職種の1つです。また、インフルエンザ検査などの際に鼻腔から検体採取ができるようになりました。
当院の臨床検査技師全員で検体採取に取り組んでいます。

検体検査

血液・尿・便等といった身体から採取できた物体から、成分などの分析を行いその身体の情報を得る検査を行っています。

代表的な血液検査項目
・赤血球数
・白血球数
・血小板数
・総蛋白
・AST(GOT)
・ALT(GPT)
・γ-GTP
・総コレステロール
・HDLコレステロール
・LDLコレステロール
・尿素窒素
・クレアチニン
・CRP
・甲状腺ホルモン
・各種腫瘍マーカー
など
代表的な一般検査
・尿蛋白
・尿糖
・尿潜血
・便潜血
など
代表的な微生物検査
・直接塗抹鏡検(グラム染色)
・培養
など
代表的な病理検査
・組織診
・細胞診

生体検査

検査される方に直接的に検査器具を装着したり利用して、身体の様子を覗く検査を行っています。

代表的な生体検査
・心電図
・脳波
・聴力
・肺機能
・超音波
・腹部超音波
・心臓超音波
・乳房超音波
・下肢静脈超音波
・頸動脈超音波
など

検査説明

検査を行う前と後で、検査の内容についてなど、受けられる方もしくは受けられた方に丁寧な説明を心掛けております。

院内研修会の開催

病院の中には、専門的知識を持たない事務員から専門性に特化した看護師や医師など、多種多様な職種があります。医療の質向上のために臨床検査技師が貢献できるようにと、毎年臨床検査に関する院内研修会を開催しています。

院外研修会への参加・演題発表

臨床検査課では、各課員の意識向上・スキルアップの観点から、外部研修・講習会への参加や学会発表などを積極的に取り組んでいます。

主要使用機器<下記の内容を含め写真で紹介>
◇生化学自動分析装置:JCA-BM6050
◇免疫自動分析装置: COBAS8000、LUMIPULS G1200
◇血液自動分析装置: XN2000
◇凝固機能分析装置: CS-2100i
◇尿定性自動分析装置:US-3100Rplus
◇尿沈渣自動分析装置:U-SCANNERⅡ
◇血液ガス分析装置: RAPIDPoint500
◇超音波診断装置:  α7×2台、iE33
◇ABI:      Form
◇心電計:      ECG2450×2台
◇時間外用分析装置: VITROS4600、XS-1000i

スタッフ紹介

臨床検査技師        13名(パート含む)
・超音波検査士(腹部)    1名
・超音波検査士(体表)    1名
・認定臨床化学・免疫化学精度保証管理検査技師 1名
・認定一般検査技師      1名
・二級臨床検査士(血液学)  1名
・二級臨床検査士(臨床化学) 1名
・二級臨床検査士(免疫学)  1名
・緊急臨床検査士       2名
・山梨糖尿病療養指導士    5名
・臨床病理技術士(循環生理学)1名
・臨床病理技術士(臨床化学) 1名
・精度管理責任者講習修了   1名
・医療安全管理者       1名
・DMAT隊員        1名
・JPTECプロバイダー   1名
・MCLS標準コース修了   7名
・ICLSコース認定     1名
・肝疾患コーディネーター   3名
・診療情報管理士       1名
・第一種衛生管理者      1名
・毒物劇物取扱責任者     2名
・特定化学物質作業主任者   4名
・有機溶剤作業主任者     5名
事務             1名

所属学会・団体
日本臨床衛生検査技師会
日本超音波検査学会
日本臨床化学会 など