臨床工学課のご案内

はじめに

臨床工学課には、医療機器の専門医療職である臨床工学技士が所属します。臨床工学技士は医師の指示の下に生命維持管理装置の操作及び保守点検を行うことを業務とします。スタッフは現在3名で他の医療関係者と連携し、院内の医療機器がいつでも安全に使用できるよう保守点検を行っています。また医療チームの一員として、患者さんの治療に関する検討会等に参加し、医療機器についての必要な情報を提供できるように日々努めています。

業務内容

血液浄化業務

血液浄化室にて血液透析の準備、操作、保守点検を行っています。透析液の水質清浄化にも力を入れ、オンラインHDF治療に必要な水質基準を満たしています。

医療機器管理業務

院内で使用する医療機器(主に輸液ポンプ・シリンジポンプ・人工呼吸器・除細動器等)の保守点検を行っています。医療機器はME室で中央管理し、効率的で適切な運用ができるようにしています。また医療機器の安全な取り扱いについての勉強会を定期的に開催しています。