看護部感染対策委員会

看護部を中心に院内感染対策活動を行い、院内感染対策委員会や感染対策チームと現場スタッフとの橋渡しを役割として平成26年に設置されました。

主な活動として、職員の手洗いの実施状況を監視したり、院内感染を予防する適切な手順を作成しています。また、研修会などを企画しすべての職員が正しく感染対策を実践出来るよう教育活動を行っております。

院内感染対策に関する問題を、最も患者様に近い場所から対応している委員会であり、非常に重要な役割を担っております。院内感染対策委員会や感染対策チームへ現場での問題点を提案し、皆様が安心して医療が受けられる環境を提供出来るよう日々努力していきたいと思っています。皆様もぜひ、院内感染予防にご協力くださいますようよろしくお願い致します。