加納岩総合病院における新型コロナウイルス感染対策のご紹介

 当院では地域医療を継続するために新型コロナウイルスに対する院内感染対策を職員一丸となって取り組んでおります。

 それは当院を利用される皆様が安心して適切な医療を受けられるために、新型コロナウイルスの院内持ち込みを防ぎ、安全な環境で安心して医療が受けられる環境を提供したいというすべての職員の思いで成り立っています。

 院内の組織としては病院長やICT(感染コントロールチーム)を中心とした院内感染対策委員会をもち、日々更新される最新の情報や知見の情報共有を行い日々検討し取り組んでいます。

 職員教育は感染管理認定看護師を中心として、適切な感染対策の技術や知識を提供し、職員の健康管理や安全対策に十分注意しております。

 今後も終息の見通しが立たない新型コロナウイルス感染症ですが、変わらずご利用される地域の皆様に求められる病院でありたいという思いをもって、皆様のご来院をお待ちしております。今後も継続して良質な医療を提供するために、皆様の感染対策へのご協力をお願い致します。

 

実施内容

・正面玄関で手洗い(手指消毒)の推奨と体温測定・問診を毎日行っています。

・体温が37.0度以上または風邪症状がある利用者様には当院専用に作成した新型コロナウイルス専用の問診を聴取し、他の利用者様と交差しない様、感染症専門外来で対応しています。診療は主に呼吸器内科医師が実施し、新型コロナウイルスの疑いがないか丁寧に診察、検査を行っています。

・院内感染対策委員会、ICT(感染コントロールチーム)、看護部感染対策委員会を中心として、組織横断的にコロナウイルス感染対策に取り組んでいます。

・面会禁止体制での患者様、ご家族様の不安を和らげるため、オンラインによる面会を予約制で実施しています。

・入院フロアーに御用のある方は、専門のスタッフを配置し、なるべくスムーズに対応できる様努力しております。

・DMAT隊員を県の本部に派遣し、山梨県における感染対策に協力しています。

・峡東地域感染対策合同カンファレンスに参加し、地域連携を行っています。