内科(循環器内科)

当科の特徴

 循環器内科

当科は平成13年に血管造影撮影装置が導入された際に新設されました。対象となる疾患は循環器系疾患全般で、主に狭心症・心筋梗塞などの虚血性心臓病、心不全、心臓弁膜症、不整脈、高血圧症、高脂血症、血管疾患などです。
循環器系の検査機器としては、心臓超音波装置(心臓の大きさや心筋の厚さ、弁膜症の有無、心臓の動きを調べます。)、トレッドミル運動負荷装置(ベルトコンベアの上を歩いていただき、どのくらいの運動に心臓が耐えられるかなどを調べます。)、ホルター心電図(24時間にわたり小型心電図を取り付けて不整脈などを調べます。)、脈波診断装置(動脈の硬さ・血管の詰まり具合を調べます)をそろえ適確な診断と適切な治療を行うよう心がけております。

<どんなときに循環器内科にかかったらよいか>

心臓・血管の病気で生じる症状は多岐にわたります。胸痛、胸部圧迫感(みぞおちの上に限らず、のどやあご、左肩、左腕に及ぶことがあります。)、動悸、息切れ、顔や手足のむくみ、眼前暗黒感(目の前が暗くなる)、意識消失発作などです。症状が無くても検診で偶然、不整脈や心拡大や高血圧が見つかることもあります。また、糖尿病の方は冠動脈に病気があっても胸痛が出ないことがあり注意が必要です。
以上のような症状や検診で異常が見つかったときは、お気軽に当科を受診して下さい。

循環器内科 担当医師紹介

医師名 経歴・所属学会・資格等

山本 君男 やまもと きみお
(医長・医局長) 山梨医科大学卒
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
春日井 正 かすがい せい
(医長) 日本大学卒
日本内科学会認定医
日本医師会認定産業医
日本循環器学会専門医

山根 留美 やまね るみ
(非常勤医師)

相澤 一徳 あいざわ かずのり
(非常勤医師) 前山梨県立中央病院副院長

佐藤 健司 さとう たけし
(非常勤医師) こうふサザンクリニック