フットケア外来

糖尿病の合併症の1つに糖尿病神経障害があります。神経障害を起こすと感覚が鈍くなり、痛みを感じないため、けがを放置したり、湯たんぽ等で低温やけどを起こしたりします。その結果、足潰瘍や壊疽になり、進行すると足の切断に至ることもあります。そのため、神経障害のある患者様は、足に異常がないかを定期的にご自分で検査し、足を守ること(フットケア)が必要です。

フットケア外来では、看護師が足を守るための観察やケアの方法についてお話しします。

外来日は以下の通りです。

毎週金曜日と第2火曜日 9:00~12:00(予約制)